あなたの三線ライフを応援します!

三線の持ち方

三線の持ち方、構え方

三線の正しい持ち方、構え方をマスターしましょう。

まずは、動画をみてください。

  • 正面から見た図

三線の持ち方、正面

  • 三線の胴(チーガ)を、右の太もものやや外側におきます。
    外側に寄りすぎたり、内側に寄りすぎたり(クラシックギターを持つときのように)すると演奏が、三線がしっかり支えられなくなり演奏しにくくなります。
  • ティーガー(胴掛け)の上に腕を乗っけます。太ももと、腕で三線の胴を挟むようにして持ちます。
    このとき、太ももと右腕だけで三線を支えることができなければなりません。
    しかし、決して力を入れて持つわけではありませんのでご注意!
  • 右腕だけで三線を支えられるようになると、左手の動きがスムーズになります。ポジションを押えていくときはもちろん、カラクイの操作をするときも、非常に重要です。
  • 両脇はコブシ1個分くらいあけて余裕を持ち、リラックスして構えましょう。


  • 横から見た図

三線の持ち方、横

  • 三線の胴は、あまり体に近づきすぎないようにしましょう。
    お腹と胴の間はコブシ1個分はあけましょう。
  • 右腕で胴を支えますが、手首ではないことに注意です。
    初心者の多くの方が手首で支えようとします。それでは、肩に力が入りますし、撥さばきもしにくくなります。
  • 棹も体に近づきすぎないほうが演奏しやすいと思います。
    少し斜めに押し出すようにしてもっているのがわかりますか?


  • 左手の棹の支え方
    左手の持ち方
  • 左手の棹の支え方(裏)
    左手(裏)

正しい構えが演奏の上達につながります。

三線の正しい持ち方をマスターできると、演奏の上達につながります。

もちろん、演奏家の中には、崩して持たれる方もいますし、私と体型が違うというかたで上記のようには、持ちにくいという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、楽に音が出せる、リラックスして演奏できる…にはどういう風に三線を構えるか、というポイントだけは理解してくださいね。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional