あなたの三線ライフを応援します!

声楽譜と弦楽譜について

声楽譜と弦楽譜について

工工四にはもう慣れましたか?

あの漢字の楽譜が独特で、生理的に受け付けないとい人もいるかもしれませんね(笑)



さて、工工四には、「弦楽譜」と「声楽譜」というものがあります。

  • 弦楽譜
    • 三線の音(手)を示したもの。
    • 三線を弾く時にはこれに従って音を出していきます。

  • 声楽譜
    • 声の音程を示したもの。
    • うたを歌うときにはこれに従って歌っていきます。

※声楽譜も三線の勘所で示されています。

seigakuhutogengakuhu.jpg



当店の初心者入門セットには、「楽しい沖縄三線教室」という教則本をつけてあるのですが、その理由には、古典、民謡、ポップスとバランスよく曲が載っているということもありますが、この「声楽譜」がついているということも大きな理由です。


実は、たいていの(主に民謡、ポップスの)工工四には、この「声楽譜」がついていないのです。


琉球古典音楽や伝統的な民謡を学ばれている人は、しっかりと記号の意味や使い方を理解する必要がありますが、独学で、楽しみで、三線をやっているという方は、なんとなく、必要なだけ、理解できればいいかなと思います。


ここでは、声楽記号についての細かな説明を省略しておきます。
(というか、私では説明ができないので、機会をみつけて先生に習ってみたいなと思っています。)

動画をご覧ください。

※動画中の安里屋ゆんたの例は、上の工工四の写真をご参照ください。


Watch Seigakuhu to gengakuhu ni tuite About voice score and string music score in é�³æ¥½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com


ズレに注意です!

動画で説明しているように、「島唄」のように、三線の音にあてて歌うものは、弾きやすいし、歌いやすいかと思います。

が、声楽譜と弦楽譜にズレがあるものは、ちょっと難しいですね。

いわゆる、三線を弾くと、歌が歌えない、または、うたを歌うと、三線の手が止まる、という状態になってしまいがちですね。



安里屋ゆんたは、だいたい三線の音にあてるようにして歌いますが、多少三線の音と声がずれているところがあります。

わかりやすい例でいうと、ハヤシの「カヌシャマヨー」のところ。


三線の音   四 中 上  四
↓                    ↓
声の音程   四 中 上  四


このようにズレがあることによって、表現が豊かになり味のある演奏となります。


くれぐれも、三線の音に引っ張られないように歌いたいものです。

メロディーのガイドとして声楽譜を使う

歌い方(節回し)がわからないというときには、「声楽譜」を三線で弾いてみるとよいでしょう。

つまり、声楽譜をメロディーのガイドとして使うのです。


また、歌なんて歌わない、三線の音を奏でるだけでいいというのも、三線を楽しむうえではありだと思います。

その場合も、この声楽譜をうまく利用してメロディーを演奏するとよいかと思います。

a:361 t:2 y:3

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional