あなたの三線ライフを応援します!

尺のポジションについて

尺のポジションについて

のポジションはちょっとややこしいルールがあります。

それは、曲によって移動するということです。


低い尺と高い尺



上の図のように、歌口より約15センチのところを「低い尺」、約17センチのところを「高い尺」といいます。

※西洋音階でいうと低い尺を「シ♭」、高い尺が「シ」になります。厳密にいうと多少のずれがあるのですが、あまり細かな指摘をすると混乱してしまうので、ここでは大体このとおりと覚えておいてください。

※漢字の工工四シールでは、シールの仕様により、七の位置に尺がついているものと、単独で17.3センチのところに尺が貼り付けられているものがあります。上の図と、このページの説明で「ああ、そういうことね。」とご理解いただければと思います。



工工四にはただ「尺」とだけしか書かれていない場合が多いのですが、実は、曲によって、「低い尺」の場合もあるし、「高い尺」の場合もあるのです。



しかも、「低い尺」と「高い尺」の2箇所というわけではなく、その間もポジションとして使用するのです。


要するに、それぞれの曲によってポジションが移動しますので、曲自体のメロディーを知らないと、どの位置の尺を押さえていいかわからないんです。


曲中で、「低い尺」を使用する場合は、たいてい一貫して「低い尺」を使用します。


同様に「高い尺」が出てきたら、その曲では全部「高い尺」。



しかし、ザ・ブームの「島唄」や、その他歌謡曲などでは、同じ曲中で「低い尺」と「高い尺」の両方を使用する場合もあります。


その場合は、「低い尺」を『尺♭』、「高い尺」を『尺♯』としたり、違う位置であるという表記がなされます。
※当店で初心者のかたによく販売している「楽しい沖縄三線教室」では、「高い尺」を尺を○で囲んで「まるしゃく」としています。



ちょっとややこしいですよね。



あまりムズカシイことは考えず、低い尺、高い尺、その間くらいの尺の3つくらいの位置があるということだけ覚えておけば、あとは、やっていくうちに要領がつかめてくるはずです。


原曲や音源をよくきいていると、「あれ?ここはもう少し高めの尺だな」と言う具合に、指で探して適当なポジションを押さえるようになってきます。

動画で説明をご覧ください。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional