あなたの三線ライフを応援します!

打音について

打音について

先日、お客さまよりご質問を受けました。

>さて、工工四に出てくる、「`」がよくわかりません。

「`」の記号は「打音(ウチウトゥ)」と言います。

誤植やミスプリントではありません。

やり方は、漢字からイメージできると思いますが、左手指で絃・棹をタップするんです。

ギターやベースで言うところのハンマリング(?)に近い装飾音です。

単独だとほとんど音が出にくいと思いますが、前の音の余韻を利用すると音が良く出ます。

試しにやってみよう!

実際に三線を持って「打音」の練習をしてみましょう。

  • 例えば…
  • 男弦の開放弦 「合」 を弾いて、あまり間をあけず、中指で「老」を叩くように音をだす。
  • 女弦の開放弦「工」を弾いて、あまり間をあけず、人差指で「五」を叩くように音をだす。
    ※人差指は叩くというより、押さえるような感じです。

なぜ打音を使用するのか?

>左手で押さえるだけとありますが、それならなければいいのにと
思ったり・・・。

教則本で打音の説明を「左手で押さえるだけ」と表現している場合があります。 

では、この「左手で押さえるだけ」が間違った表現かというと、あながちそうではありません。



琉球古典音楽では、実際、ほとんど音がしない間隔で「打音」が使われたり、連続して使用したり、強弱をつけたり、音としては、はっきりしない使われ方をすることがあります。

要するに、打音を使用することにより、古典音楽独特の「間」(マー)を表現しているのでしょうね。

「なければいいのに」という疑問も、なかなかいいポイントついています。

実際、打音を無視して演奏してみてください。
問題なく、演奏できるかと思います。


では、なぜ「打音」なるものが出てくるのか?

それは、「打音」を使用することによって、メロディーに強弱がきいて、演奏がやわらかくなるからです。


別のページで説明しますが、「¬」(掛音・カキウトゥ)も同様な効果を狙って使用されます。


したがって、

まだ、演奏が慣れないうちは、あえて「無視して」演奏してもかまわないかと思います。



なれてきたら、このような装飾音を使用して、演奏に味を出すといいでしょう。

動画で説明をご覧ください。

文章だけでは、どんな感じの音なのかわかりにくいので、動画を用意しました。
ご覧ください。

a:598 t:3 y:3

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional